カテゴリ
全体
院長のひとりごと
咬み合わせ
唾液
歯周病
講習会
ホワイトニング
未分類
以前の記事

<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

秋ですねぇ Part2

秋っていいですよね。
ご飯は美味しいし、天気はいいし空気は清々しいし。

私事ではありますが、この秋から学生時代に嗜んでいた、
ソフトテニスを始めました‼
約12年ぶりのテニス、次の日は筋肉ギシギシでえらい目に遭いましたが
楽しかったなぁ。


これからも頑張って続けるぞ!


さて、食欲の秋・スポーツの秋ってことで今回は
糖尿病歯周病についてお話します。

食欲の秋にその話はねぇよ・・・   
ちょっと待ってくださいよ。
糖尿病を予防、若しくは糖尿病と上手に
付き合う方法があるのです。

糖尿病とはご存じの通り、血糖値を下げるインスリンという
ホルモンが正常に働かなくなり、血中にブドウ糖が
溜まってしまう病気です。

これにより、体の免疫をつかさどる白血球の働きが減少し、
細菌などに感染しやすく、また組織の回復力も
低下します。

糖尿病は大きく2つに分類され、
・遺伝的要因のものをⅠ型糖尿病
・環境的要因のものをⅡ型糖尿病
とします。

原因としては、
偏食・アルコールの過度摂取・運動不足・喫煙等
がよく言われています。

しかし、最近になって歯周病
関連していると言われ始めました。

糖尿病の人は、そうでない人に比べ2倍程度
歯周病になりやすいと言われています。

糖尿病で歯周病が進行する過程をまとめると・・・⇩

①口の中が乾燥する:前回で書いたように唾液が減少することで
          プラーク(歯垢)が繁殖しやすくなります。
          また血糖値が高いことで、唾液成分も
          糖分糖度が上がり、プラークにとって
          住みやすい環境になります。

 
②細菌に対し抵抗力が落ちる:前述の通り白血球の減少により
          歯周病菌に抵抗しにくくなり
          感染してしまいます。

③傷ついた組織の再生力が落ちる:人の体は常に傷ついた組織を
          治そうとしますが、血糖値が高い状態が続くと
          その修復力も落ち、歯周病もその分早く
          進行すると言われています。

④歯周病により歯を喪失する:これにより、しっかり噛めなくなると
          やわらかい物ばかりを摂取するようになり
          食べ物によってはプラークが蓄積しやすくなり
          さらに歯周病を進行させることになります。


うーん。
糖尿病って怖いですね。
治療としては、食事療法・運動療法・薬物療法
とありますが、歯科でも出来ることがあります!

それは歯周病の徹底的な治療と徹底的な管理です。
これにより、HbA1cが改善されることが
分かってきました。

なるほど・・・歯周病を治療することで糖尿病が改善され、
糖尿病を治療・管理することで、歯周病が改善するということか・・・

糖尿病と歯周病を同時に治療することで、
必ず双方に良い影響を与えるということですね。


お口の健康は体の健康‼
継続することで、必ず結果はついてきます。

適度な運動と美味しい食事、
そして歯医者での定期的なメンテナンス‼

今回は糖尿病と歯周病についてのお話でした。

これから寒くってきますので、
皆様どうぞお体ご自愛ください。
[PR]
by miyakeshika-h | 2014-10-29 16:10 | 歯周病
トップ


【三宅歯科医院】
ウェブサイトは
こちら


広島県山県郡北広島町にある、歯科医院です。ここでは歯のことはもちろん、 院長の伝えたいことを書いていきます。      更新がんばるぞ。
by miyakeshika-h
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ホワイトニング始めました!
at 2015-05-26 07:08
第1回 みやけ歯科医院 講習会 
at 2014-11-18 18:20
秋ですねぇ Part2
at 2014-10-29 16:10
秋ですねぇ
at 2014-09-20 18:47
大事な咬み合わせ
at 2014-02-12 12:07
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧